花火大会ツアー特集
花火大会ツアー特集

静岡熱海海上花火大会

静岡熱海海上花火大会

熱海海上花火大会

熱海海上花火大会

熱海海上花火大会は1952年にはじまった歴史ある花火大会です。
熱海海上花火大会の打ち上げ会場は花火師も絶賛する日本一の打ち上げ会場です。三方を山に囲まれたすり鉢状の地形なので、海で打ち上げた花火の音が反響し、まるでスタジアムの様な音響効果があります。目だけでなく、耳でも楽しめる花火大会です。

開催日
2022年12月4日(日)、18日(日)、24日(土)
打ち上げ数
約3,000発
見所花火
大空中ナイアガラ等
花火師
イケブン
旅行代金
5,500円 ~6,000円※全国割適用の場合、表記金額から40%割引

お申込みはこちらから



茨城土浦全国花火競技大会

茨城土浦全国花火競技大会

土浦全国花火競技大会

土浦全国花火競技大会

日本3大花火大会、及び日本3大競技花火大会の1つに数えられる土浦全国花火競技大会。質も規模も最高峰を誇る花火大会。打ちあがる花火のクオリティーの高さは保証付きで『芸術花火』とも言われています。凄腕の花火師達が協力してあげる大会提供の『土浦花火づくし』は必見!<

開催日
2022年11月5日(土)
打ち上げ数
約18,000発
見所花火
フィナーレ花火等
花火師
野村花火工業など ※2019年度
プランの種類
自由観覧、団体桟敷席、桟敷席プラン
旅行代金
6,800円 ~19,800円

2022年度の販売は終了いたしました



秋田全国花火競技大会 大曲の花火

秋田全国花火競技大会 大曲の花火

大曲花火大会夏の章

大曲花火大会夏の章

選び抜かれた全国屈指の花火業者が参加する花火競技大会。夜の協議部門では「10号玉芯入割物「10号玉自由玉」「創造花火」の3部門で競い合い、最優秀賞の花火業者には内閣総理大臣賞が授与されます。

開催日
2022年8月27日(土)
打ち上げ数
約18,000発
見所花火
フィナーレ花火等
花火師
野村花火工業、菊屋小幡煙火店など ※2019年度
プランの種類
桟敷席プラン
旅行代金
20,800円~25,800円

2022年度の販売は終了いたしました



新潟長岡まつり大花火大会

新潟長岡まつり大花火大会

長岡全国花火競技大会

長岡全国花火競技大会

リピーター率NO1の花火大会。信濃川の広大な河川敷を使ってあげられる花火の数々は見る人の心をゆさぶります。「復興祈願花火フェニックス」は涙無しでは見る事ができません。

開催日
2022年8月2日(火)、3日(水)
打ち上げ数
約20,000発(2日間で)
見所花火
フェニックス、天地人、米百俵花火・尺玉100連発等
花火師
野村花火工業、菊屋小幡花火店、マルゴーなど ※2019年度
プランの種類
(復路夜行)自由観覧、B会場・左岸団体席プラン、団体席(テーブル席)プラン
(1泊2日)B会場・左岸団体席プラン
旅行代金
14,800円~32,800円

2022年度の販売は終了いたしました


新潟ぎおん柏崎まつり海の大花火大会

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会は、新潟を代表する花火大会の 1つです。日本海を舞台に 打ち上げられる花火は圧巻。

開催日
2022年7月26日(火)
打ち上げ数
約15,000発
見所花火
海中スターマイン、尺玉100発同時打ち等
花火師
片貝煙火工業
プランの種類
(1泊2日)マス席プラン・階段席プラン
旅行代金
26,800円 ~ 27,800円

2022年度の販売は終了いたしました

出発日から選ぶ

10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキングから選ぶ

クラブゲッツ花火大会ツアー企画担当者が選ぶイチオシ花火大会

すべての大会に足を運ぶという、クラブゲッツの花火企画担当者。思い入れと思い出に少々偏りがあるかもしれませんが、おススメ花火やそれにまつわるエピソードを語ってもらいました。

1位

赤川花火大会

忘れもしない4年前、YouTubeで赤川花火大会の動画を見て「なんて美しいんだ!」と感動したのが、企画の始まりです。
当時、東京発の赤川花火大会ツアーをやっている会社があまりなく、手探りではじめた企画でしたが大勢の人にお申込みいただき、一安心。
当日の渋滞はある程度予想していたのですが、月山トンネルの想像以上の渋滞に手に汗握り、行程管理の難しさを痛感した、忘れられない思い出です。
現地では長岡花火大会に匹敵するほどのロケーションにびっくり。夜は気温が下がる為(最初に行った時は涼しいくらいでした)花火の色が非常にきれいに出ていました。個人的には大会マスコットキャラクターが一押しです。

2位

長岡まつり大花火大会

私の花火大会ツアーの原点はここからです。信濃川のロケーション、美しく上がる花火の数々。他の花火大会とは一線を架しています。「長岡に行かないと夏が来ない」と個人的には思っています。

3位

諏訪湖祭湖上花火大会

2018年度からの新企画「プレミアム桟敷席」で花火を見てから、印象が一変しました。「プレミアム桟敷席」は花火を投げ入れる為に諏訪湖を行き来する船が間近で見られる抜群のロケーション。オープニング花火やKiss of Fireがいつも以上の迫力で迫って来ます。2019年度は大型台風の接近(クローサ)であわや中止、と危ぶまれましたが、無事すべてのプログラムをあげる事ができた強運の花火大会でもあります。

4位

片貝まつり花火大会

他の長岡や大曲などの錚々たる大会と比べると若干控えめな大会。片貝まつりに込められた片貝町の方々の想い、花火1つ1つに込められた想いを知る度に深く味わえる様になりました。2018年度花火大会の還暦スターマインのアナウンスはいつも以上に思い入れたっぷりで未だに耳に残っています。注:片貝まつりの花火大会は独特の調子に乗せて花火を紹介するアナウンスが名物でした。特に印象に残った年は、引退した年のアナウンスでした。あのアナウンスがもう聞けなくなると知った時のショックたるや・・・

5位

神明の花火

ツアーに参加されている方から「神明の花火大会がよい」と聞いてから、ずっと気になっていた花火大会。
野村陽一氏が選ぶ花火大会10選(2016年度)でも選ばれており、密かに企画を練っておりました。これから思い入れのある花火大会になりそうな予感がひしひしとする大会です。
昨年度、実際に花火大会を見に行き、只今ツアーを企画・準備中です。