全国各地発・旭山動物園ツアー特集 | 国内ツアーのクラブゲッツ


旭山動物園ツアー特集
旭山動物園ツアー特集

動物たちの自然のままの姿を見せてくれる「行動展示」が楽しい旭山動物園。
ホッキョクグマの豪快なダイブや空飛ぶペンギン、動物たちの食事が見れるもぐもぐタイムなど
何度でも行きたくなる見どころがいっぱい!

札幌市内からバスで行く! 旭山動物園日帰りツアー≪旭山動物園入園券付≫

旭山動物園をはじめ、富良野や美瑛などの人気スポットを巡る満喫プラン!

旭山動物園バスツアーのスケジュール

集合場所を3ヶ所に絞った分、ツアーの行程を充実させたスタッフ一押しのバスツアーです。

バスツアー行程
(6月1日~10月10日)
プレミアホテル中島公園札幌(7:30集合/7:40出発)=札幌ビューホテル大通公園(7:40集合/7:50出発)=ANAクラウンプラザホテル札幌(7:50集合/8:00出発)=砂川サービスエリア(休憩/15分)=旭山動物園(入園券付/約2時間30分滞在)=美瑛パッチワークの路(親子の木、セブンスターの木やケンとメリー等の木々や、パッチワーク上の畑の風景を車窓から見学)=美瑛・青い池(水面が青く見える不思議な池。立ち枯れたカラマツが幻想的な雰囲気を満喫/40分)=ファーム富田(色とりどりの景観が人気のファーム富田。一面に咲くお花畑を散策/60分滞在)=岩見沢SA(休憩/15分)=札幌駅=大通公園=ススキノ=中島公園(18:00~19:00着予定)
バスツアー行程
(10月11日~11月3日)
プレミアホテル中島公園札幌(7:30集合/7:40出発)=札幌ビューホテル大通公園(7:40集合/7:50出発)=ANAクラウンプラザホテル札幌(7:50集合/8:00出発)=砂川サービスエリア(休憩/15分)=旭山動物園(入園券付/約2時間30分滞在)=美瑛パッチワークの路(親子の木、セブンスターの木やケンとメリー等の木々や、パッチワーク上の畑の風景を車窓から見学)=美瑛・青い池(水面が青く見える不思議な池。立ち枯れたカラマツが幻想的な雰囲気を満喫/40分)=ファーム富田(温室の花々の観賞とラベンダーグッズのお買物/20分滞在)=岩見沢SA(休憩/15分)=札幌駅=大通公園=ススキノ=中島公園(18:00~19:00着予定)
バスツアー行程
(11月11日~3月31日)
プレミアホテル中島公園札幌(9:20集合/9:30出発)=札幌ビューホテル大通公園(9:35集合/9:45出発)=ANAクラウンプラザホテル札幌(9:50集合/10:00出発)=砂川サービスエリア(休憩)=旭山動物園(入園券付/約3時間滞在)=壺屋 き花の杜又はTheSun蔵人本店(お菓子のお買い物/40分)=美瑛・白ひげの滝(周囲の霧氷・青い美瑛川(ブルーリバー)の、迫力ある美しい光景を観賞/20分)=美瑛・青い池(凍った水面がライトアップされた幻想的な景観を鑑賞/30分)=砂川サービスエリア(休憩)=札幌駅=大通公園=ススキノ=中島公園(22:00~22:30着予定)

バスツアー集合場所のご案内(全期間共通)


全国各地からANA・AIRDO便で行く!旭山動物園ツアー付 札幌ステイ

札幌発着の旭山動物園日帰りツアー+入園券付。札幌宿泊だから、観光も楽しめます!

変動型 変動型とは…WEB予約限定の空席予測に連動したプランとなります。混み合う時期でも空席・空室があればご案内ができます。

旭山動物園の見どころ

イキイキとした動物の姿が楽しめる「行動展示」や「モグモグコーナー」など、その人気のヒミツをご紹介!

ここがすごい!旭山動物園のポイント

行動展示

行動展示動物本来の行動や能力を見せる展示スタイル。日本では旭山動物園がいち早く取り入れて話題に!
さらに、動物をできるだけ自然の姿で見せようとする「生態展示」の要素も取り入れている。
まさに自然そのままの動物たちの姿は見るたびに違う感動があり、何度行っても楽しめる!

もぐもぐタイム

動物の最も特徴的な行動が見られるのは「食べている時」。このなかなか見られないお食事タイムを、前もって知らせてくれる名物イベント!

手づくりPOP

動物の生態を写真やイラストでわかりやすく説明した、飼育係による愛情いっぱいの手作り看板。園内のいたるところで見られるので要チェック!

季節によって変わる楽しさ

旭山動物園のある旭川市は春夏秋冬がはっきりしているので、季節ごとに違った楽しみ方ができるのも魅力のひとつ。夏はホタルの展示や夜行性の動物が楽しめる「夜の動物園」、冬は人だかりができるほど人気の「ペンギンの散歩」など、季節ごとのイベントも楽しさいっぱい!

ペンギンの散歩夜の動物園

旭山動物園 園内マップ

アザラシ あざらし館
見物客が囲む筒状のトンネルをあざらしが行き交う姿を360度から見られる。さらに好奇心旺盛なあざらしは人が手を振ると鼻を寄せたりし、園内で一番人気に。

ほっきょくぐま ほっきょくぐま館
半球状の透明ドームが敷地内に設けられており、のし歩くホッキョクグマを目の前で見られる。またプールの壁に窓をつけ、泳ぐ様子やプールへのダイビングなど迫力ある行動が観察できる。

ほっきょくぎつね ほっきょくぎつね舎
夏は濃い灰色の毛だが冬は美しい真っ白な毛に生えかわり、まるで別の生き物のように見える。昼間は寝ていることが多く、朝と夕方に活発な姿が見れる。

レッサーパンダ レッサーパンダの吊り橋
施設の鉄格子はすべて外され、オープンな環境でかわいく元気なレッサーパンダ動き回る。来園者の頭上にかかる吊り橋を渡っていく姿は、歓声が上がるほどの人気。

ペンギン ペンギン館
手が届きそうな距離にいる屋外放飼場や、ペンギンが泳ぐ水槽の中に水中トンネルが設営され、水中を飛ぶように泳ぐペンギンが見られる。

猛獣 もうじゅう館
日中は寝てばかりいるトラやライオンの檻は、真下に空洞の見学スペースを用意して網目から動物の息遣い等を観察できる。

オオカミ オオカミの森
2008年にオープン。今や絶滅した貴重な日本のオオカミを見ることができ、この旭山動物園での繁殖が期待されている。犬やキツネとも違う多様な行動は見ていて飽きない。

エゾシカ エゾシカの森
2009年オープン。北海道の野生動物として多く生息するエゾシカの生態をじっくり観察できる設備や、エゾシカにまつわる展示物が好評。

鷹 ワシ・タカ舎
国内希少種であるオオワシやオジロワシ、クマタカを飼育。それぞれの鳴き声を聞くことができるほか、大きな翼を広げて飛んでいる様子も見られる。

サル さる山
高さ10メートルの岩山や高さ14メートルの偽木など工夫が凝らされたサル山。のびのびと動き回る親子ザルの姿はほほえましく、見ていてあきない。

チンパンジー チンパンジーの森
群れで生活するチンパンジーはボスを中心とした社会を形成する。現在旭山動物園には2つの群れがおり、交互に展示する工夫がされている。

オランウータン おらんうーたん館
オランウータンは本来地上30メートル程度の樹上で生活をする。その本能を引き出す為に高さ17メートルの位置に「空中運動場」を設置。綱渡りをしてエサを取りに行く姿が見られる。

キリン 総合動物舎
カバ、キリン、サイなどの大型草食動物や、ペリカン、ダチョウ、エミューも飼育。エサを食べているところを間近で観察できるように、さまざまな工夫がされている。

カピバラ くもざる・かぴばら館
身軽な行動をとるサルの仲間くもざると、ねずみの仲間であるカピバラを同居させたのは、旭山動物園ならではのまったく新しい発想。寒さに弱いカピバラは夏季のみの展示。

かば かば館
2013年オープン。今までに見たことがない水中での動きにびっくり!地上では想像もできないかわいらしい姿は必見。水中でスキップし、ジャンプする姿や、真下から見る「空飛ぶカバ」にくぎ付け!

キリン きりん舎
2013年オープン。葉を食べる様子を、キリンと同じ目線で間近に見ることができます。今まで下から見上げることしかできなかったキリンですが、同じ目線で見てみると新しい発見がいっぱい!

アザラシ館 ホッキョクグマ館ホッキョクギツネ レッサーパンダの吊り橋 ぺんぎん館 もうじゅう館 オオカミの森 エゾシカの森 ワシ・タカ舎 さる山 チンパンジーの森 おらんうーたん館くもざる・カピバラ館 かば館キリン舎

★マップの上にマウスをのせると
各エリアの説明が表示されます。

上手にまわるポイント!
旭山動物園は坂道が多いので、むやみに歩き回らず、地図を参考に反時計回りにまわるのがおススメ!また、入園前に「もぐもぐタイム」の時間をチェックしておくのを忘れずに!

旭山動物園 園内図

旭山動物園へのアクセス

旭川市旭山動物園
住所 旭川市東旭川町倉沼
電話番号 0166-36-1104
営業時間 夏期営業【2022.4.29~10.15】
時間:午前9時30分~午後5時15分(最終入園/午後4時00分)
夏期営業【2022.10.16~11.3】
時間:午前9時30分~午後4時30分(最終入園/午後4時00分)
冬期営業【2022.11.11~2023.4.9】
時間:午前10時30分~午後3時30分(最終入園/午後3時00分)
※休園日:2022年4月8日~4月28日、11月4日~11月10日、12月30日~2023年1月1日
交通 JR・旭川駅から札幌・新千歳空港まで
新千歳空港から札幌駅まで快速列車で約40分、札幌駅から旭川駅まで特急列車で約1時間30分です。
●時刻表検索(JR北海道ホームページ)

路線バス・旭川駅から旭山動物園まで
旭川駅前バスタッチの6番のりばから、旭川電気軌道のバス(旭山動物園線41・47番線)が約30分間隔で運行されています。所要時間:約40分 料金:大人440円
●路線バス運行時刻のお知らせ(旭川電気軌道)

旭山動物園 公式HP

ご予約・お申し込みはこちら