北海道発バスツアー流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ乗船日帰りバスツアー特集

迫力!圧巻!流氷砕氷船『ガリンコ号Ⅱ』に乗って流氷体験

オホーツク海の冬の風物詩「流氷」を、もっとも間近で見ることができる「流氷砕氷船」に乗ろう!船上から見る流氷に、巨大な氷をガリガリと2本のドリルで砕いて進む音と振動は、大自然のスケールの大きさを体感できます!冬しか体験できない人気の流氷観光クルーズで北海道を楽しもう。

紋別流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ乗船日帰りバス

この季節しか見られない大迫力の流氷体験!
流氷砕氷船ガリンコII乗船付日帰りバスツアー

日本最北の海・オホーツクに流れ着く神秘の光景『流氷』の中を、航跡を描きながらドリルで流氷を割りながら進む流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱの迫力は圧巻!大迫力の流氷を見に行く日帰りバスツアー※昼食は幕の内弁当となります。

大人11,800円 小人11,300円 ツアー一覧を見る
設定日 1月25~3月8日の毎日出発
設定日
1月25~3月8日の毎日出発


スケジュール

ANAクラウンプラザホテル札幌(06:20集合)札幌ビューホテル大通公園(06:35集合)プレミアホテル中島公園札幌(06:50集合)道央自動車道(途中2ヶ所休憩) 紋別『流氷砕氷船ガリンコ号II』乗船(迫力のクルージング)とっかりセンター・オホーツクタワー自由行動(有料/各自負担) マルカイチ水産(約20分)出塚水産(カニマヨボールプレゼント) 道央自動車道(途中2ヶ所休憩)札幌各ホテル(19:30-20:00到着予定)

※昼食をランクアップした場合、とっかりセンター・オホーツクタワー自由行動の見学はございません。

▼北海道ならではの味覚を堪能!オホーツク海の海鮮を存分に楽しむ昼食グレードアッププラン♪かなりお得です!!

流氷丼(イメージ) アザラシ(イメージ)
ツアー詳細

流氷砕氷船『ガリンコ号II』乗船&カニ・いくら・ほたて・えびが入った人気の流氷丼の昼食

海鮮たっぷりのお得どんぶり『流氷丼』の昼食と大迫力のガリンコ号乗船体験!

大人13,600円 小人13,100円ツアー詳細

大人13,600円
小人13,100円ツアー詳細

ツアー詳細
設定日 1月25~3月8日の毎日出発
設定日
1月25~3月8日の毎日出発
かに足(イメージ)ガリンコ号(イメージ)
ツアー詳細

流氷砕氷船『ガリンコ号II』乗船&海鮮焼きにズワイガニ足半身がセットになった炉端焼の昼食

ズワイガニ足炉端焼きセットの昼食と大迫力のガリンコ号乗船体験!

大人14,200円 小人13,700円ツアー詳細

大人14,200円
小人13,700円ツアー詳細

ツアー詳細
設定日 1月25~3月8日の毎日出発
設定日
1月25~3月8日の毎日出発

海鮮炉端焼き(イメージ)アザラシ(イメージ)
ツアー詳細

流氷砕氷船『ガリンコ号II』乗船&海鮮炉端焼き&かに汁の昼食

新鮮な海の幸『海鮮炉端焼き』の昼食と大迫力のガリンコ号乗船体験!

大人13,100円 小人12,600円ツアー詳細

大人13,100円
小人12,600円ツアー詳細

ツアー詳細
設定日 1月25~3月8日の毎日出発
設定日
1月25~3月8日の毎日出発
海鮮丼(イメージ)ガリンコ号(イメージ)
ツアー詳細

流氷砕氷船『ガリンコ号II』乗船&新鮮な海鮮丼を昼食

マルカイチ水産のオホーツク海の新鮮な海鮮丼の昼食と大迫力のガリンコ号乗船体験!

大人13,100円 小人12,600円ツアー詳細

大人13,100円
小人12,600円ツアー詳細

ツアー詳細
設定日 1月25~3月8日の毎日出発
設定日
1月25~3月8日の毎日出発

紋別ガリンコ号Ⅱサンセットクルーズ乗船&旭山動物園に行く満喫プラン

旭山(イメージ)旭山(イメージ)

大迫力の流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱサンセットクルーズ&冬の旭山動物園を両方満喫する欲張りプラン!

昨年人気NO1の欲張りプラン!冬の旭山動物園を2時間自由散策したあとは、紋別まで流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱに乗船しサンセットクルーズで流氷体験!

大人12,800円 小人12,300円ツアー一覧を見る
設定日 1月25~3月8日の毎日出発
設定日
1月25~3月8日の毎日出発


スケジュール

ANAクラウンプラザホテル札幌(07:40集合)札幌ビューホテル大通公園(07:55集合)プレミアホテル中島公園札幌(08:10合)道央自動車道(砂川ハイウエイオアシス/休憩) 旭山動物園(入園券付/2時間滞在)道の駅・滝の上(休憩) 流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱサンセットクルーズ 道央自動車道(途中2ヶ所休憩)札幌各ホテル(22:00-22:30到着予定)

紋別ガリンコ号Ⅱ乗船&層雲峡氷瀑まつりライトアップ満喫プラン

氷瀑(イメージ)流氷(イメージ)流氷(イメージ)

大迫力の流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ乗船流氷体験と
層雲峡の氷瀑まつりライトアップ欲張りプラン

流氷砕氷船ガリンコ号に乗った後は幻想的な氷の祭典!層雲峡氷瀑まつりを楽しむ!ライトアップされた氷の造形物は美しく神秘的で、厳寒の 北海道を直に感じられるお祭りです。※幕の内弁当付きとなります

大人12,500円 小人12,000円ツアー一覧を見る
設定日 1月25~3月8日出発
設定日
1月25~3月8日出発


スケジュール

ANAクラウンプラザホテル札幌(08:10集合)札幌ビューホテル大通公園(08:25集合)プレミアホテル中島公園札幌(08:40集合)道央自動車道(途中2ヶ所休憩)マルカイチ水産(お買い物/約20分)流氷砕氷船ガリンコ号乗船(迫力のクルージング)&とっかりセンター・オホーツクタワー自由行動(有料/各自負担) 層雲峡氷爆祭り(幻想的な氷の祭典)道央自動車道(途中2ヶ所休憩)札幌各ホテル(21:30-22:00到着予定)

【ご注意/ご案内】

※今回のツアーには、添乗員が同行致します。バスガイドは同行いたしません。

※北海道・札幌へのご旅行中のご参加の場合、お客様のご旅行最終日のご参加はご遠慮願います。(運行遅延時の補償はございません。)

※往路・復路共に高速道路利用前に一区間でも閉鎖区間が生じている場合は国道・道道経由となり、休憩場所は道の駅等になる場合があります。

※道路事情により到着に多少の遅延が生じる可能性があります。また荒天時には、当日やむを得ずツアー中止となる場合がございます。

流氷は天候・接岸状況によっては見学いただけない場合がございます。見学いただけない場合は下記のようにご対応いたします。

【流氷状況及びガリンコ号欠航時の代替及び返金について】

1)流氷なしの場合・・プチプレゼント

2)欠航で紋別まで行けた場合・・1)のプレゼントと大人1700円/小人800円の返金。代替としてオfホーツク流氷科学センター「ギザ」へ立ち寄り

3)欠航で且つ道路状況により紋別まで行けなかった場合・・大人2700円/小人1350円の返金。代替として層雲峡氷瀑まつりへ立ち寄り

感動体験!流氷を船上から楽しむ

流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ

船首についた2本の大型ドリルで、その名のとおり「ガリガリ」と流氷を砕きながら突き進む迫力満点のクルーズ船!船上にいても氷の割る音と振動が伝わってくるほどで、大迫力の乗船が楽しめます。小型船なので、間近に流氷を見る事ができるのも魅力。運が良ければ流氷の上で羽を休める「オオワシ」や「オジロワシ」、「オオセグロカモメ」などの鳥の群れ、流氷の間から顔を出すかわいい「アザラシ」達に出会えるかもしれません。オレンジ色に染まる流氷が見られる16時発の限定便、サンセットクルーズもオススメです!

流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱのご案内

  • 総トン数:150トン 全長:35m 全幅:7m
  • 旅客定員:195名 速力:11ノット
  • 機     関:メルセデス・ベンツ製ディーゼル機関
  • プロペラ1基(船尾)・アルキメディアンスクリュー2基(船首)

船首側窓

船前方の窓では、アルキメディアンスクリューを観察できます。
流氷帯を航行している時は、迫力のシーンを見ることができます。

1階客室

ガリンコ号Ⅱの1階にある客室です。船首方向に売店(2月中利用可)、後部にはトイレ(3)、自動販売機があります

2階客室

2階には、海側を向いた椅子が並ぶ客室があります。

2階展望スペース

2階の展望スペースでは、オホーツクの風を感じながら、夏は釣り、冬は流氷観光が楽しめます。

船首にドリル?

少年ゴコロをくすぐる「アレ」の正体は実はスクリューの一種。アルキメディアンスクリューと言い、ネジの要領で氷に乗り上げて進みます。残念(?)ながらこれを氷に突き刺して破壊するわけではありません…。

『Ⅱ』ってことは…?

はい、二代目です。初代はドリル…もといアルキメディアンスクリューを4本も備えていました。(現行のガリンコ号Ⅱは2本)[上図は初代]ただ、展望デッキが吹きさらしだったためかなり寒かったようです…。Ⅱは船内暖房完備なので安心ですよ!(但しデッキに出ると勿論寒い!)

流氷とは

北海道の風物詩といわれる流氷。流氷は海面を漂流する氷のかたまりのことで、北海道で見られる流氷は、オホーツク海のはるか北、サハリン北東部の海で生まれ流れ着いているとされています。例年流氷が観測されるのが1月中旬~3月中旬と言われておりますが、地球温暖化の影響もあり流氷の観測時期は、例年ばらつきがございます。流氷は必ずみれるわけでもございません。流氷帯は地形、海流、風向、風の強さで大きく左右されます。朝に見れても昼までに移動して見えなくなってしまうことや、その逆もあり得ます。気象条件で簡単に見られなくなり、2~3時間でもあっという間に移動してしまう事もございます。

■過去5年の紋別流氷の統計

流氷初日 流氷接岸初日 流氷終日
2015年 1月15日 2月03日 3月15日
2016年 1月27日 2月24日 3月08日
2017年 1月26日 2月02日 4月11日
2018年 1月30日 2月05日 3月28日
2019年 1月26日 2月12日 3月05日
  • 流氷初日:流氷が視界内の海面に初めて現れた日。
  • 流氷接岸初日:密接した流氷群が視界内の海岸の大半に接岸し、沿岸水路がなくなった日。
  • 流氷終日:視界内に海面で最後に流氷が見られた日。

服装について

流氷船に乗る服装は、冷たい風を通さず、重ね着をしていく服装が便利です。船外は、風の影響で体感温度は気温より低く感じ、船内では、暖房が効いているので着込み過ぎると暑く感じます。途中立寄る観光施設内も暖房が効いているため、着込んだままでは暑い事もしばしば。耳・首元・手を冷気から防げる防寒具(※ニット帽・ネックウォーマー・手袋など)や、脱ぎ着しやすい防寒着(※ダウンジャケットなど)がおすすめです。足元は、ハイヒールなどの踏ん張りがきかない靴は転倒の恐れがあるので避けてください。船は波で揺れたり雪で濡れていたりするので、靴底が平らで滑りにくく防水性が高い靴を履いていると安心です。