長野えびす講煙火大会 日帰りバスツアー|花火大会バスツアー特集

▲出発地を選択してください


長野えびす講煙火大会 日帰りバスツアー
長野えびす講煙火大会 日帰りバスツアー
長野えびす講煙火大会バスツアーの販売は終了致しました。
多数のお客さまのお申込み誠にありがとうございました。

クラブゲッツバスツアーの5つのポイント!!

クラブゲッツバスツアー5つのポイント!! クラブゲッツバスツアー5つのポイント!!

行程表

日程 行程
11/23
(水)
東京八重洲口ヤンマービル前(AM9:15集合/AM9:20)=新宿西口郵便局前(AM09:50集合/AM10:00出発)
= 第111回えびす講煙火大会(PM14:00~15:00到着予定) = 第111回えびす講煙火大会≪打上開始 PM18:00~20:00≫
= 花火大会会場(PM20:30~21:00頃出発予定) = 入浴施設立寄り(約1時間) = 
11/24
(木)
 = (車中泊)= 新宿(AM4:30~5:00頃到着予定)

*当日の道路事情により、出発・到着時間が前後する可能性がございます。  *当プランには添乗員は同行しませんが、現地では係員がご案内致します。

長野えびす講煙火大会の見所

長野えびす講煙火は、花火大会には珍しい11月開催の花火大会です。 その歴史は非常に古く、江戸時代より盛んであったと言われております。 権堂村の遊女屋が、客を誘う為に煙火大会を催し、これによって見物客が近隣から押し寄せたのが始まりとも言われています。 当時の盛況ぶりは「どこへ行っても芋の煮ころがしひとつ買うことのできぬほどの盛況を呈せり」とも書き記されています。

音楽と花火のコラボレーション「ミュージックスターマイン」、「八尺玉100連発特大ワイドスターマイン」等豪華絢爛な打ち上げ花火に加え、尺玉の大輪が晩秋の夜空を彩ります。花火評論家に「一度は見ないといけない花火大会」と称されています。

花火鑑賞を楽しむ為に

11月の長野の夜は思った以上に冷えるもの。
夜は0℃を下回るのもよくある事です。 せっかくの花火に寒くて集中出来なかったら勿体ない!
コートやマフラー、手袋等温かい恰好をして、花火鑑賞を楽しみましょう。

冬(イメージ)

周辺の観光

花火大会開始まで周辺にて各自観光をお楽しみいただけます。

※道路状況によって到着が大幅に遅れた場合、観光は難しくなります。ご了承ください。

善光寺

善光寺 (長野駅より徒歩20分)

江戸時代には「一生に一度は善光寺」とも言われた、国宝善光寺。門前通りでは善光寺表参道えびす講大売出しが開催されています。

西宮神社

西宮神社 (長野駅より徒歩20分)

えびすの大神八重事代主神・蛭子神をご祭神とし、商売繁盛・家内安全・開運招福にご利益があると言われています。

蕎麦

蕎麦

『長野』と言えばやっぱり蕎麦。信州の昼と夜の寒暖差が大きい気候は蕎麦の栽培に適しており、蕎麦文化が発達しました。長野県民のソウルフード蕎麦は一食の価値あり!