片貝まつり 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 2017 | 国内ツアーのクラブゲッツ

▲出発地を選択してください


片貝まつり 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火バスツアー
片貝まつり 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火バスツアー

クラブゲッツ花火ツアー・こだわりの5つのポイント

こだわりの5つのポイント こだわりの5つのポイント

片貝まつり自由席プランに申し込む

片貝まつり桟敷席プランに申し込む

行程のご案内

日程
1 東京駅八重洲口ヤンマービル前(10:50集合/11:00発)=
新宿西口新宿郵便局前(11:30集合/11:40出発)=関越自動車道=
片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火会場(16:00頃到着予定[*1]) 打ち上げ開始19:30~終了22:20予定
片貝(22:30~23:00頃出発)

湯沢・三国地区入浴施設(約1時間)
2 = 新宿(4:30~5:00頃到着予定)

*1=当日の混雑状況により、出発・到着時間が前後する可能性がございます。
※添乗員は同行しませんが、弊社スタッフがご案内をさせて頂きます。

片貝まつり花火の見所

「片貝まつり」の特徴

江戸時代より町内の各家庭で花火を作り、個人や近所など少人数で打ち上げていたのが始まりと言われています。
その歴史は400年にも及び、成人、還暦、厄払い、結婚、年忌法要など人生の節目節目に花火を奉納する伝統として今でも受け継がれています。
人々の想いを乗せた花火は、片貝名物のアナウンスと共に打ちあがります。

「片貝まつり」の名物花火

世界一の正四尺玉

世界一の正四尺玉

重さ420Kgmoある花火を高さ800mまで打ち上げる正四尺玉は開いた時に直径が800mにも及び、花火の全貌をとらえるのが難しい程です。花火の迫力にただただ圧倒されます。

還暦スターマイン

還暦スターマイン

片貝中学を卒業した同級会で打ち上げる花火。
通常2日目に打ち上げられます。


「片貝まつりの花火」をもっと知るためのキーワード

アナウンス 1つ1つの花火に込められた想いを独特の調子に乗せて紹介する片貝まつり名物のアナウンス。
花火に込められた想いに感動しながら見る花火は格別の物があります。
奉納 片貝まつりの花火は「奉納花火」です。浅原神社へ奉納する、という形で個人や会社が色々な願いを込めて打ち上げる花火です。
十号玉は52,000円、スターマインは170,000円~打ち上げる事が出来ます。
花火を打ち上げるグループは「御立ち台」と呼ばれる場所に立って奉納木遣りを唄ってから自分達が打ち上げる花火を見届けるのが特徴。
同級会 片貝中学校を卒業した同級会は成人、33才、42才、50才、還暦になるとお金を出し合ってスターマインを打ち上げます。
2日目に上がる還暦スターマインは圧巻です。