小松基地航空祭バスツアー特集
小松基地航空祭バスツアー特集
新着NEWS

2019年のツアーの販売は終了いたしました 多数のご参加ありがとうございました


ブルーインパルス1 ブルーインパルス2 ブルーインパルス3
●旅行代金(お一人様)
大人21,800円
ツアー詳細
設定日 9/15(日)

小松基地基本データ

石川県小松市に所在する基地。
基地司令は第6航空団が兼務します。

対領空侵犯措置の任務を担っており、国籍不明機に対するスクランブル発進を行っています。基地北方の日本海上空に広大な訓練空域(G空域)があるため、航空総隊戦技競技会の開催が多い基地となっております。

基地の総面積約4,384,792㎡(国土交通省所管474,591㎡、防衛省所管.3,910,201㎡)

小松基地に所属する部隊

中部航空方面第6航空団

日本海側唯一の戦闘機部隊で主に日本海における国籍不明機の警戒にあたっています。

航空救難団小松救難隊

航空自衛隊航空総隊航空救難団隷下の航空救難部隊。
遭難救難機にU-125A、救難ヘリコプターにUH-60Jを運用しています。

第6航空団隷下の部隊

第303飛行隊

創設1976年10月26日

所在地石川県小松基地

編成地石川県小松基地

通称号/略称306SQ

上級単位第6航空団

最終上級単位中部航空方面隊

航空自衛隊中部航空方面隊第6航空団隷下の戦闘機部隊。
2016年から新田原基地に所属しています。
部隊マークは「ファイティングドラゴン」。地元「白山」に棲まうとされる龍をモチーフにしています。

                              

小松救難隊

新田原救難隊

創設1961年3月1日

所在地石川県小松基地

編成地石川県小松基地

通称号/略称501SQ

標語他を生かすために   That others may live

上級単位航空救難隊

最終上級単位航空総隊

航空自衛隊航空総隊航空救難団隷下の航空救難部隊です。
部隊マークは石川県加賀地方の加賀獅子をモチーフとしたもの。

UH-60J

UH-60J

アメリカのシコルスキー・エアクラフトが開発したUH-60ブラックホークを救難目的に独自改良した救難ヘリコプター。

小松基地航空祭のプログラム

航空祭では、「ブルーインパルス」の参加が恒例となっているほか、
F-16の機動飛行が予定されており、アメリカ空軍の太平洋デモチームが参加します。飛行教導群のF-15機動飛行、U-125A、UH-60Jの救難展示など恒例の飛行展示も披露されます。

小松基地航空祭 2019 ('19航空祭 in KOMATSU) イベントスケジュール
8:05~8:20オープニング
8:45~9:00機動飛行
9:05~9:20F-16機動飛行
9:35~9:55救難展示
10:00〜10:50飛行教導群機動飛行&    大編隊飛行
10:50~11:00陸自訓練展示
11:00~11:15F-2、F-4展示、    VADS模擬対空射撃
12:00~12:15グライダー
14:00~展示機帰投

<ステージイベント>

10:35~10:50 山口采希ミニライブ

11:00~11:20 ストナビダンススクール

11:30~11:55 小松工業高校吹奏楽部

12:05~12:30 中部航空音楽隊

<地上展示>

7:45~14:45 1格&2格:各種ブース

7:45~14:45 3格:装備品展示

7:45~14:45 エプロン:航空機・車両展示

8:00~14:45 補給倉庫:紙飛行機大会

8:00~14:45 エプロン地区東側:花自動車

9:30~10:15 補給倉庫東側:警備犬展示

11:20~12:05 補給倉庫東側:警備犬展示

14:00~14:45 補補給倉庫東側:警備犬展示



航空祭総合総合TOP
百里基地
新田原基地
会社概要| 旅行条件書と旅行約款| 国内旅行傷害保険
ご利用環境について| 個人情報保護法新