富士登山準備マニュアル-持ち物編|富士山ツアーのクラブゲッツ

▲出発地を選択してください


高山病って何?気になる「高山病対策」編

富士山の持ち物&登山グッズ
登山は、「服装から入るのは邪道」ではありません。
自然に立ち向かう登山だからこそ服装や事前の準備は大切です。
しっかり万全の準備をして快適な登山にする為には、
ちょっぴりお金もかかります。 無ければNGのものから、
あったら便利なものまでばっちり紹介していきます!

登山の準備をそろえよう

安全で楽しい登山にするために最低限の装備は整えましょう!

登山道具 装備編

ザック(リュック) 両手を空けて転倒に備える為にも、
必ず「背負うタイプのザック」を準備しましょう。
登山道には、両手を使ってよじ登る岩場もあります。 30L程度のものが望ましい。

ザックカバー 富士山では急激に天候が変化して、雨に
見舞われることも少なくありません。
大切な荷物を守る為にも、ザックカバーを用意しましょう。
特に雨に濡れたら困るもの(カメラ・携帯電話など)は、
更にザックの中で、必ずビニール袋に入れましょう。 ザックがすっぽり入るものを。

懐中電灯 山小屋からの登山後半は、夜間行動です。
必ずひとりひとつ準備しましょう。
岩場を登る特に片手がふさがっていると危険です。
出来ればヘッドライトがお勧めです。
電池の予備も忘れずに。 ヘッドランプタイプがベター

カッパ(雨具) 富士山では平地と違い横から雨が降ったり、
下から吹き上げてくる場合もあります。
このような場合ポンチョタイプの雨具では
ビショビショになってしまいます。
上下分かれた雨具をよういしましょう。
雨が降っていなくても防寒義としても役立ちます。 セパレートタイプのものがオススメ

登山靴 スニーカーなどでも登山は出来ますが、
ハイカットの登山靴がベストです。
登山道や下山道は、土だけではなく、
岩の斜面や砂利などもあるので、
靴族にしっかり凹凸があり、
足首を包むハイカットの靴が望ましいです。
新しく購入した場合は、靴擦れを防ぐため、
必ず事前に何度も履いて慣らしておきましょう。

ストック 登山用のストックもあると便利。
登りよりも下りで役に立ちます。
1本より2本のものの方が、膝への負担を軽減できます。

サポーター これも下山時に役立ちます。
膝の負担を軽減します。

登山道具 服装編

Tシャツ・長袖シャツ・パンツ 条件によっては、富士山では1日のうちに真夏と真冬の両方を体験することになります。
(日の出前の山頂では氷点下になることも!)
服が雨や汗に濡れても、乾きやすい
ウールか化学素材の服がオススメです。
また、上は脱ぎ着のしやすいものが良いです。
綿でできたジーパンやチノパンは避けましょう。

フリース 真冬並みの寒さ対策に防寒着は必須です。
毛糸のセーターでもOKですが、
重くてかさばるので、
軽くて暖かいフリースがオススメです。

ダウンジャケット 7月上旬、9月の富士山山頂は正に極寒。
ダウンジャケットもあると便利です。
アパレルメーカー各社から、
小さく軽いかさばらないダウンジャケットも
発売されていますので、
できるだけ、かさばらない物がオススメです。

帽子・サングラス 六合目より高いところでは、森林限界を超えるため
直射日光を避ける場所はありません。
帽子はツバ付きのもので、飛ばされない様に
アゴ紐をつけましょう。
サングラスは、直射日光だけでなく
下山道の砂ぼこり対策にもなります。

靴下 登山用のクッション性のある
中厚手の靴下が適しています。

山スカート 根強い人気の「山ガール」アイテム。
今まではかなり品薄で、
巻きスカートで代用した方も多数。
昨年度よりメーカーも量産体制に入り、
比較的手に入りやすいアイテムとなっています。
富士登山もお洒落に決めたい女子は
チャレンジしてみては?

手袋 夜間は氷点下まで気温が下がる富士山では、
手袋は必需品です。
また日中も、手を使ってよじ登る岩場もあるので、
怪我の防止の為にもご用意を。
滑り止めのついた防水性のある手袋がベストですが、
軍手でも代用できます。

水・飲み物 富士山では水が貴重です。必ず持参しましょう。
目安は1人1リットル。
足りない分は現地で購入できますが、かなり割高です。
しかし、水不足は高山病の元。トイレと水の料金は、
登頂するための必要経費と考えましょう。
水分不足で高山病になってしまった方がもったいないですよ。 最低1リットルは必要。ただし多く持ってきすぎると重さで富士山制覇が難しくなります。

携帯食 休憩の際に、飴やチョコレートはお勧めです。
おにぎりやパンなどの固形物よりも、
ゼリー食品や飲み物の方が消化が良く
すばやくエネルギーに変わるので適しています。
好き嫌いありますが、エネルギーに変わりやすい甘いものがお勧めです。

タオル 首の後側の日射を防いだり、寒いときには
マフラー代わりになったり便利です。
意外と防寒にも役立ちます。汗ふき用と予備を何枚か。

携帯電話 緊急連絡のために必要です。
遭難時の命綱となる場合もありますので、
電池の消耗と雨には注意しましょう。
念のため、予備のバッテリーも用意しておくと更に安心です。
NTTdocomoは富士山全山つながります。

日焼け止め 富士山の日差しは予想以上のものです。
女性のみならず、男性も必須です。
こまめに塗り直しましょう。
普段の生活より、太陽に2500m~最大3776m近づきます。
たき火に近づくのと同様に
熱量・紫外線量もかなりの数値に。必ず用意しましょう。

ビニール袋 荷物を雨から守ったり、ゴミ袋としても使えます。
ゴミは必ずもちかえりましょう!
スーパーやコンビニのものでOK!
穴が空いていないかは要チェック。

小銭 富士山のトイレは環境美化のため、全て有料(200円)。
お釣りは出ないので、100円玉を用意しておきましょう。

着替え(普段着) 2日目の入浴後は、きれいな服で帰りたいですよね。

あると便利なグッズ編

【時計】
集合時間に遅れないようにしましょう。

【ティッシュ・ウェットティッシュ】
山小屋には洗面台などの設備はありません。水が大変貴重です。
お手拭代わりにウェットティッシュは便利です。ティッシュは水に溶けるものを!

【使い捨てカイロ】
山頂は氷点下になることもしばしば。寒さ対策に!

【カメラ】
思い出に残りますよ。せっかくの富士登山の記念を残しましょう

【常備薬・バンドエイド・携帯用酸素・保険証のコピー】
万が一の場合に、あると安心です。