富士山登頂にはコツがある!登山・下山のバテない歩き方講座|富士登山ツアーのクラブゲッツ

▲出発地を選択してください


【お知らせ】
2019年6月20日現在、吉田口及び須走口山頂直下の石積みが崩れ、登山道を塞いでおり、山頂まで登れない恐れが出ております。

山梨県・吉田口については7月1日、静岡県・須走口については、7月10日に開山する予定ですが、復旧作業状況により、登山道の通行止め解除が遅れる場合がございます。
状況によって、7月1日からの吉田ルートで行く富士登山ツアーの催行中止や条件付催行などが考えられます。登山道の復旧作業状況で判断いたします。
詳細な復旧作業詳細は富士登山オフィシャルサイトをご確認ください。
お電話によるお問い合わせが増えておりますが、上記以上の情報は現段階ではございませんのでご理解のほどお願い申し上げます。


富士山のバテない歩き方
富士山のバテない歩き方
歩き方の「コツ」

歩き方の「コツ」

富士山登頂には、歩き方の「コツ」がある!
コツを掴めば、初めてでも完全制覇も夢じゃない?! 適切な歩き方を覚えて、富士山制覇に挑んでみよう!


歩き方のコツ

歩幅を小さく、ゆっくり、地面に靴底をぺったんこに!

歩き方のコツ1

「歩幅を小さく、ゆっくりと」を意識して登ります。

右向き矢印
歩き方のコツ2

踏み込んだ足に荷重を移し後ろ足を引き上げる。

右向き矢印
歩き方のコツ3

大股にならず、地面に靴底をぺったんこに接地させ、上体をあまり振れない。

右向き矢印
歩き方のコツ4

歩幅をできるだけ変えずに、踏み込める足場を探しリズミカルに登る。

右向き矢印
歩き方のコツ5

前のめりにならず、上体を上へ引き上げるイメージで登る。

岩登りのコツ

良い足場を見つけ、足で立つ。腕はバランス補助に!

岩登りのコツ1

基本は足で立つ

右向き矢印
岩登りのコツ2

足で立つために良い足場を確保する。

右向き矢印
岩登りのコツ3

良い足場を確保するためになるべく腕を伸ばし上体を起こす。

右向き矢印
岩登りのコツ4

腕を上手にバランス補助に使いつつ、基本は足で立てば、不必要な腕の筋力の疲労も防ぐことができます。

下り方のコツ

歩幅を狭く、ひざのクッションを使う!

下り方のコツ1

傾斜がゆるく路面の安定した下山路は、カカトから接地させ、じんわりと体重を乗せるのでヒザの負担が少ない。

右向き矢印
下り方のコツ2

傾斜が急になり路面がスリップしやすい状況になれば、足裏を同時に設置させるフラットフィッティングを使う。

下り方のコツ3

更に急な傾斜では、両足を平行に斜面に対して直角に足を置く。谷足(下側の足)はフラットフィッティング、山足(上側の足)は靴底の外エッジを効かせる。

ストックの使い方

富士登山の便利グッズのストックは、体重を分散できるので足の負担を抑えられます。難点は、富士山の岩場では、邪魔になってしまうかも・・・。

それでもストックはあるとかなりラクです。その使い方をご紹介します!

ストックの使い方

ダブル編

基本は普段の歩き方と変わらず、振る手にストックを持っている感覚で、大きく手を振って歩く感覚で、突く位置は前より斜め横を突くと歩きやすいですよ!

シングル編

基本的にバランス補助で両足2本で歩くよりも支点が1つ増えることとなり、富士山の下山道のように長い下り坂が続く場合に負担を軽減してくれます。
但し、あくまでも補助という考え方を忘れないでください。疲れてストックにたより全体重をかけて利用したりすると折れてしまうこともあるのでご注意を!

富士登山を徹底サポート! All About 富士登山

会社概要| 旅行条件書と旅行約款| 国内旅行傷害保険
ご利用環境について| 個人情報保護法新