小江戸川越を徹底的にご紹介!川越のオススメスポットからオススメグルメまで網羅します!

小江戸川越

川越は、かつて江戸時代の城下町として栄えました。徳川家康はここを「北の防衛線」と重要視し天正18年に川越藩を設置しています。譜代の酒井重忠など有力な大名が藩主を歴任し、城下町が整備されていきました。
現在でも蔵造の商家が並ぶ情緒あふれる街並みは小江戸として人気を集めています。

1.川越ってどんなところ?

川越ってどんなところ?

写真/PIXTA

現在でも蔵造の商家が並ぶ情緒あふれる街並みは小江戸として人気を集めています。商人・職人町、寺町、武家地など城郭を中心にした街並みの面影が現在でも色濃く残り、蔵造りの商家が並ぶ「一番街」や徳川家ゆかりの「喜多院」「千波東照宮」など場所によって違う表情を見せてくれます。

2.川越のおススメスポット

時の鐘

写真/PIXTA

■時の鐘

蔵造りの街並みにそびえたつ、川越のシンボル。今から約400年前に川越城主酒井忠勝が時を告げる手段として創建した鐘つき堂です。度重なる火災で焼失しており、現在のものは4代目に当たります。鐘の音は平成8年に「残したい日本の音風景100選」に認定されています。
現在でも6時、12時、15時、18時の1日4回鐘の音を聞く事ができます。

住所 〒350-8601 埼玉県川越市幸町15-7
アクセス 西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分
JR川越線・東武東上線「川越駅」から「蔵の街経由バス」乗車、「一番街」バス停で下車、徒歩2分
菓子屋横丁

■菓子屋横丁 写真/PIXTA

菓子屋横丁

石畳の風情溢れる町並みに駄菓子、漬物店など約20軒が軒を連ねる横丁。
ハッカ飴、カルメ焼きなど昔懐かしいお菓子を味わえます。

住所 〒350-8601 埼玉県川越市元町2丁目
定休日 各店舗によって異なります
アクセス 西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分
JR川越線・東武東上線「川越駅」から「小江戸巡回バス」乗車、「菓子屋横丁」バス停で下車、徒歩1分
川越氷川神社

川越氷川神社 写真/PIXTA

■川越氷川神社

今から約1500年前に創建した古い歴史を持つ川越氷川神社。高さ15mもの大鳥居や、県の重要文化財に指定されている社殿に施された江戸彫の彫刻など見どころが多いです。
ここでは、引くのではなく、「釣る」鯛みくじが人気です。
夏には、色鮮やかな約2000個の江戸風鈴が境内に飾られる「縁むすび風鈴」のイベントが行われます。

住所 〒350-0052 埼玉県川越市宮下町2-11-3
TEL 049-224-0589
参拝時間 通常 8:00~18:00
1月1日 0:00~3:00、6:00~19:00
1月2日・3日 8:00~19:00
アクセス 西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分
JR川越線・東武東上線「川越駅」から「小江戸巡回バス」乗車、「氷川神社前」バス停で下車、徒歩0分
川越熊野神社

川越熊野神社 写真/PIXTA

■川越熊野神社

参道の両脇に小石が敷き詰められた「足踏み健康ロード」があったり、試したい運気を占う「運試し輪投げ」があったり、願いを込めて白蛇様を撫でると様々なご利益を授けてもらえるという「撫で蛇様」があったり、とユニークな神社。
ご祭神は伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉册命(いざなみのみこと)、事解之男命(ことさかのおのみこと)、速玉之男命(はやたまのおのみこと)の御四神です。

住所 〒350-0066 埼玉県川越市連雀町17-1
TEL 049-225-4975
アクセス 西武新宿線「本川越駅」から徒歩5分
公式HP https://kawagoekumano.jp/

3.川越おススメグルメ~うなぎからいも恋まで~

食事イメージ

食事イメージ 写真/PIXTA

■小川菊(おがぎく)

創業文化4年(1807年)。創業から代々受け継いできた一子相伝の秘伝のたれを使った秘伝のたれを使った伝統の味を堪能できます。

住所 〒350-0065 埼玉県川越市仲町3-22
TEL 049-222-0034
営業時間 11:00~14:00、16:30~19:30(L.O.19:00)
定休日 木曜日(祝祭日を除く)・不定休あり
アクセス 西武新宿線「本川越駅」から徒歩11分
JR川越線・東武東上線「川越駅」から徒歩20分
公式HP https://www.ogakiku.com/

■あかりや

看板商品はあんみつ。あかりやではあんみつ専用のあんこを仕込んでいます。北海道十勝産の小豆を羽釜でふっくらと甘さ控えめに仕込んでいます。

住所 〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-9-2
TEL 049-222-0413
営業時間 店頭販売 9:30~19:00
甘味処 11:00~18:30(L.O.18:00)
定休日 毎週水曜日(不定休あり)
アクセス 西武新宿線「本川越駅」から徒歩4分
JR川越線・東武東上線「川越駅」から徒歩15分
公式HP kawagoesansaku.com/akariya/

■菓匠 右門

さつまいもとつぶ餡を山芋ともち粉の生地でやさしく包んだ「いも恋」が有名。昔懐かしい風味のおまんじゅうは川越の街歩きやお土産にも最適です。

住所 〒350-0063 埼玉県川越市幸町1-6
TEL 049-225-6001
営業時間 【菓子売場】10:00~18:00
【茶房】11:00~16:00(芋おこわがなくなり次第終了)
定休日 年末年始
アクセス 西武新宿線「本川越駅」から徒歩10分
JR川越線・東武東上線「川越駅」から「蔵の街経由バス」乗車、「一番街」バス停で下車、徒歩1分
公式HP https://imokoi.com/

4.川越のイベント

川越まつり

川越まつり 写真/PIXTA

■川越まつり(国指定・無形民俗文化財)

川越最大のイベントといえるのが、約370年の伝統を誇る川越まつり。このまつりの一番の見所は「ひっかわせ」と呼ばれる、山車どうしのすれ違いや辻での出会いのときに舞台を向かい合わせ、激しいテンポでの囃子の掛け合いです。夜にはちょうちんの明かりに絢爛豪華な山車が浮かび、まつりは最高潮に達します。

日程 毎年10月第3日曜日とその前日の土曜日
※2021年の川越まつりは中止が決定いたしました。
会場 川越市街地一帯
公式HP https://www.kawagoematsuri.jp/
川越百万灯夏まつり

川越百万灯夏まつり 写真/PIXTA

■川越百万灯夏まつり

嘉永3年(1850)、城主松平斉典の徳をしのび軒先に灯ろうをかかげたことが起源とされています。昭和57年からは「市民まつり」として親しまれ、パレード、手づくりみこし大行進、ふれあいサンバ、地元商店街のイベントなどが行われます。

日程 毎年7月下旬
会場 川越駅から一番街までとその周辺

■いもの日まつり

さつまいも地蔵尊が立ち並ぶ境内で、さつまいもが名産である川越ならではのいも供養が行われます。おいも法話や奉納芸能を見ることもできます。

日程 毎年10月13日
会場 妙善寺
〒350-0046 埼玉県川越市菅原町9-6
TEL 049-222-7559
アクセス JR川越線・東武東上線「川越駅」東口から徒歩5分

■火渡り祭

屋外で結界を巡らし道場を建立し、その中に薪を積んでこれを桧葉で覆い祈願をこめて火を点じ修法することを柴燈護摩といい、その火の上を歩いて渡ります。

日程 毎年11月23日
会場 成田山川越別院
〒350-0055 埼玉県川越市久保町9-2
初穂料 3,000円、5,000円、1万円、2万円の4通り
TEL 049-222-0173
アクセス 西武新宿線「本川越駅」から徒歩12分
公式HP http://www.kawagoe-naritasan.net/hiwatari.htm

■老袋の弓取式(県指定・無形民俗文化財)

4人の「ユミトリ」が、直径約90cmの的に3本ずつ矢を射り、その年の天候を占い、豊年を願う行事です。見物客には甘酒と豆腐田楽が振舞われ、別名「甘酒まつり」とも呼ばれます。

日程 毎年2月11日
会場 氷川神社
〒350-0848 埼玉県川越市下老袋732-1
アクセス JR川越線・東武東上線「川越駅」東口から「上尾駅西口」行きバスに乗車し、「老袋」バス停で下車、徒歩7分

5.川越へのアクセス

西武新宿線「本川越駅」

写真/PIXTA

〇公共交通機関
拠点となるのは「川越駅」「本川越駅」の2駅です。
・JR川越線・東武東上線「川越駅」(池袋駅より32分、有楽町駅より58分、大宮駅より23分)
・西武新宿線「本川越駅」(西武新宿駅より60分、国分寺駅より40分)

〇マイカー・レンタカー
・関越自動車道「川越IC」より国道16号線・県道246号線(入間川街道)経由で約25分。
(関越自動車道「練馬IC」より約40分、首都高速湾岸線「空港中央IC」より約85分)

〇日帰りバスツアー
「自分で行くのは大変」という方には日帰りバスツアーもオススメです。バスツアーなら一日で効率よく観光地をめぐる事ができます!

タビメグ[TABIMEGU]

旅を楽しくするための情報サイト・たびめぐ︕
おすすめの旅行情報や旬のイベントなど、今までの経験をいかし情報提供。旅を少しでも楽しくお過ごしいただくための 情報サイトを目指します。是非旅に出かける前に参考にして下さい。